2006年07月08日

店長の思い

この内容は、うなぎ 坂東太郎 稲毛屋 の内容を多少再編集したものです。

当店のうなぎ蒲焼は、元店長だった父が戦前に稲毛屋へ勤めた時から始まっています。当時の稲毛屋は、鶏肉と川魚料理の店として宮内庁にご用達する程の立派なお店でしたから幼く勤めた父は、子守が主な仕事だったそうです。

うなぎを江戸前のやり方で裂くのを子守をしながら見て覚えたそうです、ある時、先輩に「やってみるか」と言われて、初めて裂いたら、なんと裂けたそうです。続きを読む
posted by 稲毛屋 at 09:11| Comment(0) | TrackBack(0) | うなぎを売る当店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。